産後に行いたい骨盤矯正

骨盤ダイエット、骨盤ケアが人気となっていますが、産後は特に骨盤に多くのゆるみ、歪みが発生しますので、骨盤矯正をしっかり行っておきたいところです。骨盤が歪んだまま放置していると、冷えや生理不順、便秘などの症状が起きやすくなりますし、下半身太り、むくみ、O脚などの原因ともなります。さらに腰痛などの不快な症状も起こりやすいので、骨盤は正しい位置に戻し、しっかり引き締めておきましょう。矯正の方法としては、まずは自宅で行える方法ではエクササイズやストレッチがあります。短時間で行うことができますので、育児の合間に行っていきましょう。さらに骨盤矯正効果の高いベルト、ガードル、ショーツなども着用するだけで引き締めが行えるので便利です。この他の方法としては専門のサロンでの矯正や整体院での施術も高い効果を期待できます。

なぜ産後に骨盤矯正が必要なのか

出産で女性の骨盤は、通常閉じている状態の骨盤を赤ちゃんが成長していく事、赤ちゃんが押し広げ出てくることで開く事、妊娠~出産にかけて分泌される女性ホルモンの影響、出産時に赤ちゃんが産道を通過するのと骨盤内の圧力ががかかる事、骨盤下部を支える筋肉が弱くなる事が原因で、誰でも開いてしまいます。開いた骨盤は自然には元に戻りません。産後に体型が戻らないと悩むのは、骨盤の開きが原因です。骨盤が開くと代謝がが落ちたり、肩こり腰痛の悪化、便秘、尿漏れ、母乳が出にくい等のトラブルが発生します。また慣れない育児により悪化する事もあります。その為に骨盤矯正が必要となってきます。骨盤矯正は整体やカイロ、ヨガといった方法があり、産後1ヵ月以内に始めるのがお勧めです。産後のトラブル対策だけでなく、ストレス解消やリラックス効果もあり、また美しく健康的な体になることもできます。

産後は骨盤矯正を意識して

赤ちゃんが通る為に、通常は10センチほどしか開いていない骨盤はホルモンが分泌し広がります。その為、産後は骨盤が緩んでいる状態で立つと腰のあたりがガクガクするといった状態を感じる方も多いでしょう。開いたままの状態が長く続くのは腰痛や下半身太りの原因にもなります。そこで、産後21日、いわゆる床上げ期間を過ぎたら骨盤を調整することを心がける生活をすると良いですね。簡単なストレッチでも良いですし、赤ちゃんを預けることが出来るならリフレッシュを兼ねて、骨盤矯正のエステへ出向くのも良いでしょう。ベルトタイプや、パンツタイプのものであれば時間を割かなくても良いので忙しい方にもお勧めです。カラフルなものもインターネットなどで売られているので、ちらりと見えても恥ずかしくありません。お母さんは体力勝負とも言われますから、骨盤矯正をして健康な身体を創りましょう。